「30分で愛は壊れていく」上演台本/財団、江本純子vol.9

※ご希望の方には、江本純子の直筆サインをお入れします。
※台本の表紙は江本自身が題字を書いた江本商店オリジナルになります。
※画像は、公演時の写真です。
※ 台本は、受注生産になります。ご注文いただいてから、スタッフがひとつひとつ丁寧にホッチキスで冊子にいたします。少しのズレや、歪さは、ご了承くださいませ。


* 江本レコメンド *
ー聖なる酔っ払いたちの愛がみるみると壊れていくー

2017年の夏にセゾン文化財団のサバティカルの助成で、ひと月旅をしました。特にアイスランドで体感した「天然」と「人工」の最高の融合の感覚は、わたしの演劇作りに革命を起こすほどの衝撃でした。その興奮覚めやらぬうちにと、帰国後すぐに衝動的に作った作品です。
とにかく疾走し、理性を失ってふざけた状態、浅ましくて軽率な人間の状態を作るために、初演時の俳優には実際に酒を飲んで酔っ払って稽古をしてもらいました。酔っ払いに美しいロマンはあるのだろうか?酔っ払い自身はロマンを感じる瞬間があるかもしれないけれど、端から見るとたぶん気持ち悪いし、信じがたいロマンです。
わたし自身、動物的な本能を信じて、疾走し過ぎたときは、他者を傷つけていることがあります。無自覚に「大事な愛」を失っていることにはたと気づいたときは、死ぬほど苦しいものです。その反省を忘れないようにとこの本を書きました。


[ものがたり]​
そこで酒を飲みたいひとがいるだけの、廃墟のような場所にて。
ボディコンを着込んで酔っ払い中の通称デレデレ姉妹は、遊び相手に向けて「飲みのお誘い」動画を撮っている。
孤独をもてあました(見知らぬ)酔っ払い仲間とデレデレ姉妹の酔っ払いグルーヴが合致した頃、この場所は彼女たちの劣情と渇望がだだ漏れしたカオスティック・トランス状態となる。
ふざけ惚けていた姉妹たちの劣情もひっそりと収束しかけた頃、姉の「大事なひと」が現れて、ただごとではない緊張の時間が突然やってくる。


財団、江本純子vol.9「30分で愛は壊れていく」
作・演出 江本純子
出演 島田桃依 和田瑠子 江本純子 後藤ユウミ 呉城久美 稲田絵梨 湯川拓哉 小川敦子 岩瀬 亮 / 梨木智香(LAより中継)
​日程  2017年 10月27日〜29日
場所  BUoY 北千住アートセンター  

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 配送1

    全国一律 400円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。