小説「股間」

※こちらは、デッドストックものです。多少の経年劣化はご了承ください。
※ご希望の方には、江本純子の直筆サインをお入れします。


江本純子の処女小説。2016年公開『過激派オペラ』の原作にもなりました。


* 江本レコメンド *
恥ずかしいから読まないで!!
恥ずかしいから消費税サービスします!


『股間』
とにかく漠然と、演劇をやることを志していた――。
大学に入学した重信ジュリが、演劇サークルの部室のドアを叩くところから物語は始まります。
芝居の魅力にとりつかれていくジュリ。
そこで出会う劇団の女の子たちとの恋愛模様。
やがてジュリは恋人ヒデコと劇団「毛布教」を旗揚げ。
“演劇"と“恋愛"の狭間に揺れながら、演劇人生を邁進していく…。


単行本:288ページ
出版社:リトルモア
発売日: 2006/7/29

¥ 1,600

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 配送1

    全国一律 400円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。