第4回公演「ハンバーガーマシーンガーンホテールボヨーン」 上演台本

※ご希望の方には、江本純子の直筆サインをお入れします。
※1枚目の画像は、公演のチラシ画像です。台本の表紙は二枚目の画像になります。江本自身が題字を書き、江本商店オリジナルです。
※ 台本は、受注生産になります。ご注文いただいてから、スタッフがひとつひとつ丁寧にホッチキスで冊子にいたします。少しのズレや、歪さは、ご了承くださいませ。


* 江本レコメンド *
ー アンダーグラウンドから夢の彼方へ ー

くたびれた炭鉱町が舞台。『女囚さそり』を筆頭に、東映のピンキーバイオレンスムービーの影響がもろに作品に浸透しているはず。初期の作品たちには「旅に出る」憧れが強いようで、社会と対峙してどう生きていくかの答えのひとつが「旅」だったのではないかな、と想像します。イーグルスの「夢のカリフォルニア」をテーマのひとつとして使っているのもその気持ちの表れと思われます。何が起こっているのか、なんの話なんだか、丁寧に構築しようとしない戯曲に対する無頓着な精神は、この頃の作品に共通するおすすめポイント。


[ものがたり]
伊香保の温泉街をイメージした某街に機関車で降り立った男女。ひとりは男娼、もうひとりはストリッパーと名乗る。この閉鎖的な田舎町には、革命を目論んでいる男装の麗人・まことつばめとその娘の労働少女がいる。そんな母娘の家にお世話になるストリッパーのマリー。刑事や興味本意の漫画家たちがどうしてだかマリーを執拗に追っている。マリーは常人にはない特殊な武器を身体に潜ませているであった。


第4回公演「ハンバーガーマシーンガーンホテールボヨーン」
作・演出 江本純子
出演者 町田マリー 田中貴子 柿丸美智恵 吉良吉和玖(現 和倉義樹) 市木裕子(B-amiru) 吉牟田眞奈 山形涼士(アッパーカット) 羽賀孝行(僕殺プロジェクト) 清成慎太朗 セロトニン瘍子(ゴキブリコンビナート) 江本純子
2001/10/3〜7 @こまばアゴラ劇場

¥ 900

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 配送1

    全国一律 400円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。