毛皮族の軽演劇2011「滑稽を好みて人を笑わすことを業とす」 上演台本3本セット

※ご希望の方には、江本純子の直筆サインをお入れします。
※1枚目の画像は、公演のチラシ画像です。台本の表紙は二枚目の画像になります。江本自身が題字を書き、江本商店オリジナルです。
※ 台本は、受注生産になります。ご注文いただいてから、スタッフがひとつひとつ丁寧にホッチキスで冊子にいたします。少しのズレや、歪さは、ご了承くださいませ。


* 江本レコメンド *
ー生きるための「笑い」&装いとしての「笑い」&太陽にもなる「笑い」
こだわりの「軽い笑い」3本セット!!ー

○語りのゴミ
震災直後、余震もあったとき、引越しのバイトで、ものが多すぎるおばあさんちに行った時の実体験をもとに描きました。「死にたくないですね」とおばあさんはよく言っていたけど、その部屋は大量のものに囲まれていて、もしまた地震がきたら、ものに埋もれて死んじゃうよ!と私は思いました。なんでそんなにおばあちゃんはものを持っていたのか、劇にて描いています。

○ボディコン強盗
SM嬢がプレイ中に、プレイとして財布を盗んだら通報されてしまったという話を聞いたことがあります。それが新聞に載ったときの見出しが「ボディコン強盗、現る」だったそうで、そのバカバカしい話と「ボディコン強盗」という言葉の響きが気に入って、物語を作りました。毛皮族初期の頃に愛していた古い映画のムードも意識しました。

○おひゃさま
『おひさま』という連続テレビドラマ小説がありまして、それをもじっての『おひゃさま』です。もちろん達者田さんは井上真央さんを意識して演じています。くだらなさだけが取り柄の「おそばシリーズ」、「おそば」って文字すらもタイトルから消えてしまいましたが、今回はほのぼの田舎っぺ系でおふざけに拍車がかかっています。牛がいる牧場とかで上演したいです。



[ものがたり]
○『語りのゴミ』
ダンボールだらけの、マンションの一室。住人であるおばあちゃんの引越し作業をしている三人の作業員。おばあちゃんの持ち物にああだこうだと振り回されながら、オババ予備軍でもある三人は、次第に人間の死生観と自分の老後についても考えさせられていく。

○ 『ボディコン強盗』
丸メガネの女は、ボディコン着用必須の秘密クラブめいた店の面接にいくが、贅肉が邪魔をしてボディコンが入らず、なかなか合格できない。クラブのボスと店のナンバーワンのみさとのボディコン姿をうらやむ日々である。巷では「ボディコン狩り」という物騒な事件が多発、ボディコンを着た女たちの身に危険が迫っていく。

○ 『おひゃさま』
ど田舎にやってきた敏子とおっさん。にこっとすると周囲があったかくなる不思議な能力を得てしまった敏子のもとに、周囲を冷たい空気にしてしまう色白の女が現れる。そう、これは おそば版「北風と太陽」です。


毛皮族の軽演劇2011「滑稽を好みて人を笑わすことを業とす」
作・演出 江本純子
S 問題劇 『語りのゴミ』
出演:羽鳥名美子 延増静美 吉牟田眞奈 江本純子 / 高野ゆらこ
T 感傷劇 『ボディコン強盗』
出演:柿丸美智恵 高野ゆらこ 町田マリー 延増静美 金子清文 江本純子
U 江本劇 『おひゃさま』
出演:江本純子 金子清文 羽鳥名美子 高野ゆらこ 柿丸美智恵
V演目 ライブ&ミュージカル 『私たちには出来ないこと』
1日だけの毛皮族スーパーウーパールーパーライブ。
※ライブのため、台本は収録されません。
2011年7月23日~8月9日 @リトルモア地下

¥ 1,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 配送1

    全国一律 400円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。