毛皮族のウィークエンド軽演劇 上演台本3本セット

※ご希望の方には、江本純子の直筆サインをお入れします。
※1枚目の画像は、公演のチラシ画像です。台本の表紙は二枚目の画像になります。江本自身が題字を書き、江本商店オリジナルです。
※ 台本は、受注生産になります。ご注文いただいてから、スタッフがひとつひとつ丁寧にホッチキスで冊子にいたします。少しのズレや、歪さは、ご了承くださいませ。


* 江本レコメンド *
ー女囚SF&更年期漫才&OL女子高生!!
金・土・日は軽演劇でデトックスできる3本セットー

○Word
刑務所で囚人と看守が入れ替わっちゃう喜劇の王道のような設定の、クセのない作品。とってもかるーく楽しめる、放課後の少女たちのお遊びみたいな時間です。刑務所のドキュメンタリーを見ていたら、刑務所のドキュメンタリーを見ていたら、関西弁の刑務官の口調が独特で、毛皮族で唯一の関西弁サラブレットの延増さんに演じてもらおうと書きました。

○もう更年期
30代後半にもなると体の異変や心の不調に「もう更年期かな?」と疑ってしまい切実に悩みますが、そんな思いはつゆ知らず、30代になったばかりのわたしは、へらへらとこんな台本を書いていました。柿丸さんへのアテ書きで書いたものですが、楽しい更年期を過ごせますよう、40前後〜50歳頃の全ての女性に演じて頂きたい作品です。

○つまづき
岸田國士戯曲賞を逃したとき、その最終候補の連絡を受けてから受賞作の連絡をもらうまでのそわそわしていた時間を克明に書き綴った前半。後半は、達者田さんの過去の物語にワープしていくのですが、その過去の物語はその年に岸田國士戯曲賞を受賞した柴幸男さんの作品「あゆみ」から文字って「つまづき」という劇に仕立てて描いています。シロウトのOLさんたちを対象にオーディションをして、女子高生を演じてもらいました。と言っても集まってきたのは俳優をやりながら働いている方が多く、リアルOLは二人くらいでした。


[ものがたり]
○ 『Word』 
吉田さんは受刑者、鈴木さんは刑務官。ふたりは入れ替わってしまう。刑務官となるシャブ中の吉田さん、きまじめな鈴木さんは受刑者として雑居房に入ることになってしまう。吉田さんとなった鈴木さんは雑居房の面々に意外にも歓迎され、なんだか修学旅行の夜みたいにおしゃべりが弾んでいく。

○ 『もう更年期』
ガッキーとベッティーはかつてパクリ歌芸で一世を風靡した一発屋の芸人コンビ。割烹着姿のガッキーは実家の庭先でかつてのヒット曲を歌っている。そこへ現れる喪服姿の、厚化粧をした相方のベッティー。今日はガッキーのお母さんの葬式の日、その早朝。ガッキーは喪主としての悩みをベッティーにうだうだと相談する。

○ 『つまづき』
ゲス田戯曲賞にノミネートされ、おっさんと共に浮かれた時間を過ごしている敏子だが、結局賞には選ばれず。敏子の部屋には戯曲賞の賞金が入るからと借金をして購入していた「素敵な椅子」が残った。法外な利息を払わなけらばならなくなった敏子は取立屋からの逃亡を企てようとする。また、つまづいてしまった・・うなだれる敏子のもとに、つまづきの人生の原点に戻れるというタイムマシーンを持った女が現れる。


毛皮族のウィークエンド軽演劇
作・演出 江本純子
P演目『Word』
出演:延増静美 町田マリー 高田郁恵 高野ゆらこ 武田裕子 江本純子
Q演目『もう更年期』
出演:柿丸美智恵 江本純子
R演目『つまづき』
出演:江本純子 金子清文  近藤美月 / 石澤彩美 石原美幸 大津浩美 神山美咲 酒井恵里 坂倉奈津子 鈴音りん 中村梨那 徳橋みのり 西岡由貴菜 星野美穂 渡邉由美 / 延増静美
2010年10月15日~17日、10月22日~24日 @リトルモア地下

¥ 1,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 配送1

    全国一律 400円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。