大部のできごと 「とうちゃんとしょうちゃんの猫文学」 上演台本

※ご希望の方には、江本純子の直筆サインをお入れします。
※1枚目の画像は、公演のチラシ画像です。台本の表紙は二枚目の画像になります。江本自身が題字を書き、江本商店オリジナルです!
※ 台本は、受注生産になります。ご注文いただいてから、スタッフがひとつひとつ丁寧にホッチキスで冊子にいたします。少しのズレや、歪さは、ご了承くださいませ。


* 江本レコメンド *
ー大部から宇宙につながる夜ー
昔から念願だった野外劇。東京で書いた初稿を現地でやってみたら、風景の強さにまったく太刀打ちできなくて。それで、風景とともに現地で作りながら何度も書き直してようやく完成したものです。小豆島の大部という町に惹かれて、大部という町にとてつもなく好きな場所を見つけ、その場所を宝物にしたいという、わがままな愛から作った作品。この場所から見える風景を、わたしは宇宙規模で美しいと感じたので、この場所で劇を通じて宇宙を感じられたら素敵じゃないかと、そんなプロットを書いたのです。
この本は、それぞれが描く想像の景色と共に楽しんでもらいたいなぁと思います。


[ものがたり]​
とうちゃんとしょうちゃんは推定70歳、造船所のあった場所で暮らしている。ある朝、しょうちゃんは動かなくなってしまった。とうちゃんはしょうちゃんとさよならしなくてはならなくなった。
海があって、山が見える、さびたトタンもある。美しい大部の夜空に、小さな船がガタゴトと旅立っていく物語。
60年来の友人であるとうちゃんとしょうちゃん、恥を宇宙〈ロマン〉に放流す!


大部のできごと「とうちゃんとしょうちゃんの猫文学」
台本と演出 江本純子
劇をする人 佐久間麻由 江本純子
​日程  2016年 8月10日(水) / 11日(木・祝) / 12日(金)
場所  小豆島 大部 砂子造船所跡  香川県小豆郡土庄町大部甲1919-1

¥ 900

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 配送1

    全国一律 400円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。